内臓脂肪を減らすダイエットとは?

中高年以降になると内臓脂肪の量が増えてきます。

 

これは加齢によって代謝が落ちて基礎代謝量が減り、
消費カロリーが減少することが原因です。

 

毎日のちょっとした場面で運動をするなどして
健康的な身体を維持していく必要があります。

 

男性と女性とでは脂肪のつき方にも違いがある

脂肪を落とすと一概に言っても、
男性と女性とでは脂肪の付き方も異なり、対策も変わってきます。

 

男性と女性の脂肪のつき方の違い

りんご体型(男性)

洋ナシ体型(女性)

 

特に男性に多い
リンゴ体型
内臓脂肪が原因で、胸の下からおへそにかけて大きく膨らんで見えるのが特徴です。
>>対処法を見る<<

 

特に女性に多い
洋ナシ体型
皮下脂肪が原因で、下腹部やヒップ周辺に脂肪がつきやすく、落ちにくいのが特徴です。
>>対処法を見る<<

運動や食事制限よりも魚を食べると効果抜群

内臓脂肪(メタボ解消)に大きな効果があるとされているのが、
魚に含まれるDHA・EPAという成分です。

 

DHA・EPAの効果について

DHA脂肪を燃やす効果のある「燃焼リパーゼ」の働きを高めます。
EPAコレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする効果。

 

まさに内臓脂肪の原因となる中性脂肪を減らす効果が高いのです。

 

そんなDHA・EPAを主成分とした
今メタボ解消として注目を集めているのがこちら。


きなりの特徴
  • 油っぽい食べ物が好きな方に◎
  • サラサラ成分のDHA&EPAが500mg配合
  • クリルオイルでサラサラ成分の吸収率がアップ
  • リピート率92.3%の実力
  • 15日間の返金保証あり
価格 毎月コース初回1980円
評価 評価5
備考 通常価格5695円
コースの2回目以降は3790円
きなりの総評

中性脂肪にアプローチするサラサラ成分DHA&EPAが500mgも入った健康サプリメント「きなり」。
さらにナットウキナーゼや、クリルオイル使用でサラサラ効果や吸収率がアップ。

油っぽい食べ物が好きな人や普段魚を食べない人は積極的に摂りたい栄養素がたくさん詰まっています。

三黒の美酢(さんごくのみず)の特徴
  • 運動が苦手な方に◎
  • ドロドロが気になる方に◎
  • アミノ酸たっぷりでダイエット効果アップ
  • 黒にんにくのポリフェノールでサラサラに
  • DHA&EPAでもサラサラ効果アップ
  • 毎月コースはいつでも解約可能
価格 毎月コース1400円
評価 評価4
備考 通常価格2800円
2回目以降は2660円
三黒の美酢(さんごくのみず)の総評

三黒の美酢は、その名の通り「三つの黒い食材」が入った健康サプリメント。
黒ニンニクのポリフェノールや、もろみ黒酢のアミノ酸、卵黄油。
さらにソフトカプセルにDHA&EPAも配合しています。
これだけの健康成分が入ったサプリメントで日々のダイエットもはかどります。

イマークSの特徴
  • 売上数1200万本の大ヒット商品
  • ニッスイ開発の特定保健ドリンク
  • 運動をする時間がない方に◎
  • 肉類・こってりした食生活が多い方に◎
  • お酒をよく飲まれるという方に◎
  • ついつい食べ過ぎてしまうという方に◎
価格 1,000円
評価 評価3.5
備考
イマークSの総評

青魚に含まれるEPAとDHAという成分には
内臓脂肪の原因となる中性脂肪を下げる働きがあります。

そんなEPAとDHAをもっと簡単に摂取出来る様にと
あの有名なニッスイによって開発されたトクホドリンク「イマークS」

1日に1本を2カ月〜3ヶ月飲み続ける事で、中性脂肪値が約20%も低下したという試験結果も出ている程で、今では約4秒に1本のペースで売れているメタボ対策飲料です。

「私は痩せているから大丈夫」
と安心してはいけません。

 

太っていても、痩せていても内臓脂肪が溜まるリスクは一緒です。
むしろ、痩せている人の方が脂肪に対する危機感が少ないために気がついたら重大な病気に罹っていた、という例は少なくありません。

 

 

この内臓脂肪は様々な病気を引き起こす原因となっています。

 

高血糖、高血圧、中性脂肪値の上昇などから始まり、
糖尿病などの生活習慣病を引き起こすようになります。

 

そこからさらに発展すると、
動脈硬化が引き起こされて脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる病気を引き起こすことも。

 

内臓脂肪とは、
内臓周辺に蓄積された脂肪のことを言います。

 

 

もしもお腹周りが気になるようになったら、
内臓脂肪をしっかりと燃焼させるダイエットを始めましょう。

更新履歴