内臓脂肪とは

内臓脂肪は名前の通り内臓につく脂肪のこと。
健康を気にする人なら誰もが耳にしたことがあると思います。

 

今までは【ダイエットと言えば体重を落とせばOK】と考える人が多かったのですが、
最近では【体重を落とすのではなく、体脂肪や内臓脂肪を落とすことが大事】
という流れにシフトしています。

 

内臓脂肪が溜まるメタボ

不摂生な生活習慣によって内臓脂肪が溜まる、
【メタボリックシンドローム】という言葉が広く浸透するようになりました。
また、同様に【内臓脂肪症候群】という言葉も生まれています。

 

内臓脂肪は、内臓の周りや腹筋の内側、
あるいは粘膜の表面部分にこびりついた脂肪のことを言います。

 

一般的に内臓脂肪は男性に多く、皮下脂肪が女性に多いとされています。
これはホルモンによる関係があると考えられています。
実際に、【内臓脂肪】をテーマにした商品などを見るとモデルの方は男性が多いですよね。

 

内臓脂肪が溜まる原因には高カロリー、高脂質な食事やアルコールによるものが代表的です。

 

内臓脂肪が問題視される理由

「内臓脂肪がたくさんあるのは不健康だ」
誰もがそう思っています。
ではなぜ内臓脂肪がここまで問題視されているのでしょうか。
それは内臓脂肪が様々な病気を引き起こす原因となっているからです。

 

内臓脂肪が大量に蓄積されることによって、【生理活性物質】という物質が大量に分泌されるようになります。また、血糖値をコントロールするインスリンというホルモンの分泌にも乱れが生じます。これらの原因によって高血圧、代謝異常、高血圧などが起こってしまいます。

 

これらの状態をそのまま放っておくと動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの命に直接関わる大きな病気へと発展してしまいますので【危険だ】と言われているのです。

 

内臓脂肪が多い状態を内臓肥満と言います。
この内臓肥満の人は、健康的な人と比較すると糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが大幅に上昇することが分かっています。

 

内臓脂肪というのは、見た目では判断できないことが多いです。
細身の人で一見ダイエットとは無縁に見える人であっても、実は内臓肥満だった、
というのは良く耳にしますね。

 

たとえ痩せている人であっても、不規則な生活や乱れた食習慣、運動不足などを繰り返すと内臓脂肪がドンドン溜まってしまうため注意が必要です。

 

内臓脂肪は簡単に落とせる

ダイエットなどで落としたい脂肪は【皮下脂肪】です。
ダイエットをしたことがある人なら分かると思いますが、皮下脂肪は簡単には落とすことが出来ません。

 

しかし内臓脂肪は皮下脂肪と比較して、簡単に落とすことができます。
というのは、内臓脂肪は人間が生きていくために必要な臓器のエネルギーになりやすいからです。

 

そのため、ちょっとした運動習慣をつけたり、
食生活を見直すだけで比較的簡単に内臓脂肪を落とすことができます。
内臓脂肪を落とす方法は、下記のようなサイトでも取り上げられていますので、今すぐにでも実践してみましょう。

 

内臓脂肪を落とす方法【内臓脂肪落とし隊】