低インスリンダイエットで内臓脂肪を減らす

低インスリンダイエットをご存知でしょうか。
私たちはご飯を食べた後、その食べ物を消化・吸収することによって糖に変えて血液へと送り込みます。

 

これがいわゆる血糖なのですが、この血糖を消費することが出来なかった場合、
内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられるようになっています。

 

インスリンとは?

この血糖値をコントロールしているのがインスリンというホルモンです。

 

インスリンは血糖を筋肉や内臓に送り込むことによって
エネルギー消費させて血糖値を下げる役目を持っています。

 

しかし、インスリンが一度に大量に分泌されると、糖を脂肪細胞へと運ぶ働きを持っています。
つまり、脂肪がつきやすくなる、ということです。

 

インスリンが大量に分泌されるのを防ぐためには
血糖値の上昇を緩やかにしてやらなければなりません。

 

よくダイエットなどで極端な食事制限を行ってカロリーを極度に減らしたり、
炭水化物を一切取らなかったりすると、筋肉から栄養を補おうとします。
そのため筋肉量が低下して基礎代謝が減り、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

 

そのため、ダイエットをしていてもある程度のカロリーが必要。
しかし食べると内臓脂肪が増えてしまう。

 

そんなときに行うのが低インスリンダイエットです。

 

低インスリンダイエットの方法

低インスリンダイエットでは、血糖値の上昇率が低い、
つまり食後の血糖値の上がり方が緩やかな食材を選んで食べるようにする、というものです。

 

この食品による血糖値の上昇率のことをGI値と言います。
GI値はブドウ糖を100としたもので、高ければ高いほど血糖値の上昇が早く、
低いほどゆっくりと血糖値が上昇します。

 

低インスリンダイエットでは低GI値の食品を積極的に食べるようにします。
低GIの食材の傾向として、食物繊維が多く含まれています。

 

例えば、普段食べている白米を玄米に変えたり、
食パンをライ麦パンに変えるなどが低インスリンダイエットの王道パターンです。

 

低GI値の食品

 

炭水化物

そば、玄米、ライ麦パン、全粒粉のパスタ、シリアルなど

 

野菜

きのこ類、海藻類、ブロッコリー、ほうれん草、キャベツ、きゅうり、セロリ、大根、ゴボウなど

 

果物

オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類やイチゴ